TOP

内科・消化器内科・循環器内科 太田医院

循環器内科

循環器内科とは

主に心臓や血管、血圧の病気を診る診療科です。 心臓の病気で多い症状としては、「胸の痛み」「胸が苦しい」「動悸」「脈の乱れ」「足のむくみ」などがあります。 気になる症状がある方、病院での入院治療後の定期的な外来通院での予後管理が必要な方、健診などで心臓の異常を指摘された方はご相談ください。
循環器の病気をかかえていなくても、高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの循環器疾患へのリスクの大きい患者様は、定期的な診療で予防を行うことが大切です。

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 心筋疾患(肥大型心筋症、拡張型心筋症)
  • 弁膜疾患(大動脈弁・僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全症)
  • 心不全
  • 閉塞性動脈硬化症

 こんな場合は早めにご相談ください
  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 気を失った
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

高血圧症について

高血圧はどんな病気?

血圧は心臓から送り出された血液が血管を通るときに血管壁にかかる圧力のことを言います。このように心臓と血圧は密接な関係にあります。 心臓が収縮して、血液を押し出した瞬間が「最高血圧」、収縮後に拡張したときが「最低血圧」です。高血圧とは、およそ140mmHg(最高血圧)/90mmHg(最低血圧)を超えた状態が続き血管に強い圧力がかかっている状態のことを言います。 高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。

心臓病と高血圧の関係

高血圧と診断されると血圧の薬(降圧薬)を飲んで血圧をコントロールする必要があります。
高血圧は放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、その結果血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

心臓の血管である冠動脈の動脈硬化によって、狭心症や心筋梗塞が起こります。このため高血圧になったらお薬で血圧をコントロールして心臓病へのリスクを予防しているのです。

その他、高血圧を治療しないで放置していると心肥大や動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、腎不全などの合併症の引き金となる場合があります。

単なる血圧が高いだけと過信せず、常日頃からしっかりと生活習慣や内服薬などでコントロールし、定期的な診断・管理で予防を行うことが大切です。

脂質異常症について

脂質異常症はどんな病気?

脂質異常症(高脂血症)というのは、脂肪の摂りすぎや運動不足などにより血液中の脂質、具体的には「コレステロール」や「中性脂肪(トリグリセライドなど)」の濃度が慢性的に高い状態のことです。

脂質異常症には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

脂質異常症は、高血圧などと同様に自覚症状がありません。
脂質異常症の怖いところは、放置すると増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって動脈硬化の進行を促してしまい、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を招く原因となってしまいます。
定期的な健康診断を利用して、早い段階で見つけることが大切です。

脂質異常症は動脈硬化の危険因子

狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病と、脳出血や脳梗塞などの脳卒中は、日本人の死因の上位を占めています。これらはどちらも、主に動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。死因の第1位は「がん」ですが、心臓病と脳卒中を合わせると総死亡の約3割を占めるので、動脈硬化を防いでこれらの疾患を予防することは、生命維持にとっても重要です。
さらに動脈硬化は、高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因となったりします。
動脈硬化というのは、心臓から体の各部分へと血液を運ぶ血管が硬くなる疾患です。動脈の内側の壁にコレステロールが溜まり、血管が盛り上がって狭くなり、それとともに血管が硬く、そしてもろくなるのです。
そのため、血液の流れが悪くなったり、盛り上がった部分が破れてしまい、中の脂質と血液が混ざることで血栓ができて詰まってしまったりするのが大きな問題となります。


動脈硬化は年齢と共に進行しますが、様々な危険因子によって進行がさらに速められてしまいます。ですから、それらの危険因子を除いていけば、進行を遅らせることができます。高血圧が動脈硬化の大きな危険因子の一つであることはよく知られていますが、脂質異常症も同様に重大な危険因子なのです。
脂質異常症は、自覚症状がまったく無くても、早期に治療を始めることが大切です。
治療は、他の生活習慣病と同様に、食事療法、運動療法を中心に薬物療法を行います。

循環器に関連する主な病気

心臓に血液を送る冠動脈が動脈硬化やけいれんのために細くなり、心筋への血流が悪くなり酸素供給が不足することで、締め付けられるような胸の痛みがおこります。発作は、数十秒から数分間続きますが、安静にしていると症状は治まることが多いです。

突然おこる前胸部の激痛が典型的な症状です。冠動脈の内側がとても細くなり、そこでできた血栓や他の場所から運ばれてきた血栓が詰まった状態で、血液が流れなくなるために心筋細胞が壊死します。 命を落とす危険が高い怖い病気です。

私達の心臓はほぼ一定の間隔で規則正しく拍動していますが、この規則性が乱れた状態を不整脈と呼んでいます。脈が速くなったり、遅くなったり、瞬間的に飛んだりします。動悸、息切れ、めまい、吐き気、胸が苦しいなどの症状がでます。

心臓が十分な量の血液を送り出せなくなる状態です。心不全がおこると、全身の血液のめぐりが悪くなるために腎臓で尿が作られにくくなります。手足や肺に水分が溜まるため、むくみや体重増加、息切れなどの症状が現れることもあります。

心臓の弁が硬くなったり破れたりして、本来の役割を果たせなくなる状態です。血液がうまく流れなくなる狭窄と、血液が逆流する閉鎖不全があります。息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみなどの症状がでます。

動脈の壁が厚くなったり硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失い硬くもろくなっている状態です。 酸素や栄養が不足したり、高血圧のために血管に負担がかかったり、脂質が血管の内側にたまったりするためにおこります。動脈の閉塞により、血流が途絶えると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

073-473-0010